読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南アルプスの少女

東京都新宿区から山梨北杜市へ移住しました!移住を決めてから、土地選び〜中古マンション売却〜注文住宅を建てるまで、わずか10ヶ月のスピード移住!

日本一おいしいお米づくり教室 脱穀・さつまいも収穫・焼きいも!

北杜市主催の教育イベント プチ農業

 

haidimama.hateblo.jp

 

5月に参加した、日本一おいしいお米作り教室での、

「田植え & さつまいも植え」体験。

 

f:id:haidimama:20161023110040j:plain

 

10月になり、待ちに待った収穫の時期を迎えました!

 

ところが!

楽しみにしていた「稲刈り & 天日干し体験」は、なんと雨で中止に!!

・゜・(ノД`)・゜・。

今年はホントに、秋に雨が多くて、2週間近く雨続きの日もありまして。

農家の方々も今年は苦労してるんじゃないかしら・・・(心配)。

 

7月の「水中生物観察 & 草取り」も雨で中止になっちゃったし。

そんなわけで、実に4ヶ月ぶりの参加となりました〜!

 

今日は脱穀と、さつまいもの収穫

やっと収穫体験ができるぞ〜!と張り切ってます。

今日は幸い、気持ちのいい秋晴れ!!

 

同じ小学校のお姉ちゃんも参加してて、大喜びのムスメ。

一緒に、さつまいもを掘り掘りしました。

 

掘っても掘っても、長いおいもなのか、なかなか出てこないぞ、の図。

 

f:id:haidimama:20161023111122j:plain

 

 大きいのがとれた!(ちょっと折れたけどw)

f:id:haidimama:20161023110837j:plain

 

掘れば掘るほど、出てくる出てくる、おいもちゃん達。

楽しそうだから、大人も軍手してここ掘れワンワン状態。

2、30本は出てきたんじゃないかしら??

 

この後、ビニール袋をもらって、「一人3本ずつくらいお土産にしてくださ〜い」

とスタッフの女性。

でも。

山のように掘り出したおいも、子供達が容赦なく詰める詰める(爆)

みんなビニールがはち切れんばかりに詰め込んで、つきやぶりそうな勢い。

絶対3本どころじゃないでしょ〜w

そうだよねえ、自分で掘ったおいもはいっぱい持って帰りたいよねえ(笑)

 

この後、ビニールハウス内にすでに収穫してあった、

白いおいも「タマユタカ」の詰め放題もあって、

気づいたら両手さつまいもだらけ!

大量なお土産ができました^^

 

 f:id:haidimama:20161023120842j:image

 

いもほりの後は、前回雨で中止になったお米を

農家の方々が別の日に稲刈り・天日干しをしてくださっていたので、

その脱穀体験へ。

 

まずは、足踏み式のアナログな脱穀機を体験。

 

f:id:haidimama:20161023110838j:plain

 

 しっかり持てないと、手ごと持っていかれそう。

 

 

次は、これまた原始的な脱穀の道具「千歯こき」

櫛状になった板に、稲穂をこすりつけて脱穀します。

 

f:id:haidimama:20161023110839j:plain

 

f:id:haidimama:20161023110840j:plain

 

この、いっちばん手間のかかる脱穀方法に、

なぜかムスメとお友達がどハマりしまして・・・

延々と、やり続けておりました。

 

 

お友達ママと「なぜに一番キツい道具にハマるのか・・・」とウケまくり。

世話役のスタッフさんも呆れるほどに、ずっと脱穀し続けてましたw

 

一番ラクな脱穀機は体験してなかったから、機械の動画だけ。

 

 

 

お次は、脱穀したモミをとって、玄米にするための「モミすり」

これは機械がやってくれるので、見学のみ。

 

f:id:haidimama:20161023110842j:plain

 

モミすりした玄米を袋詰めに。

 

f:id:haidimama:20161023110843j:plain

 

30キロのコメ袋を何人かの子供達で持ち上げてました。

重い!!

 

モミすりした玄米を、最後に精米機にかけて、白米になります。

 

f:id:haidimama:20161023110844j:plain

 

子供達、精米機がなぜか一番「おお〜〜っ!」と声をあげてました(笑)

いつも見慣れているお米になったからかな??

 

最後は、焼き芋の試食!

自分たちで育てた焼きいもは、格別のお味??

と思ったら・・・

味は、甘くて美味しかったけど、外側が焦げすぎて、食べるところ少なっ!!(笑)

 

 

 

そう、焼きいもって案外、焼き加減難しいのよね〜。

何をかくそう、私も数年前に、せっかく買っていった極上のいもを

全部炭にされた経験アリ(爆)

 

まあ、何はともあれ、滅多にできない脱穀といもほり体験ができて、

充実の週末でした^^

 

が、しかし・・・

焼きいもが大好きなムスメ、

「焼きいももっと食べたかった!!」

と心残りの様子。

 

なので、帰ってきてから家でリベンジ。

あ、ちょうど、お向かいの別荘オーナーが木を燃やしてる!

あそこで焼かせてもらっちゃおう〜♪

 f:id:haidimama:20161023121006j:image

 

今日収穫したばかりのさつまいもを濡らしたキッチンペーパー&アルミホイルで包み、

たきびへ in!

 

30センチはあろうか、なロングさつまいもを

焼きいもにしました!

焦がさないよう、焼き具合を何度もチェック。

 

f:id:haidimama:20161023121042j:image

 

ホクホクでおいしい〜♡

 f:id:haidimama:20161023121032j:image

 

 f:id:haidimama:20161023121058j:image

f:id:haidimama:20161023121112j:image

 

 結構巨大な木を燃やしてたから、すっごい火力で。

お隣さんいわく、

「たき火の中に入れたら焼けすぎちゃうと思うよ。

外側においておくだけで焼けるんじゃない??」

 

アドバイス通り、たき火の外側に転がしておいただけで、

しっかり美味しい焼きいもが焼けました!

 

みなさん、焼き芋の焼きすぎにはご注意を〜!