読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南アルプスの少女

東京都新宿区から山梨北杜市へ移住しました!移住を決めてから、土地選び〜中古マンション売却〜注文住宅を建てるまで、わずか10ヶ月のスピード移住!

まだボジョレーで消耗してるの?勝沼「ぶどうの丘」なら1100円で新酒ワインの試飲し放題だよ!

北杜市内季節のイベント 北杜市周辺 オススメの店 移住後の暮らし 日々のつれづれ 地元の旬の味覚

今年もボジョレーヌーボー、飲みましたか?

 

私はボジョレーは買わない派です。

いや、好きな人は買えばいいと思いますけどね。

若いだけで全然旨みも深みもないワインに2000円も払うんなら、

私は断然、勝沼「ぶどうの丘」に試飲ツアーに出かけることを強くオススメします。

 

 

日本有数のワインの産地、山梨県は勝沼町。

ワイナリーも数多く立ち並ぶこの地に、山の上にそびえ立つ建物。

それが「ぶどうの丘」。

 

budounooka.com

 

ホテル・温泉・ホールなど併設された施設なんだけど、

何と言ってもここのメインは、ワインカーヴでしょう!

 

甲州市推奨の約200銘柄・約2万本のワインを一堂に揃えたワインカーヴ(地下ワイン貯蔵庫)です。
専用の試飲容器タートヴァン(有料:1,100円)で全てのワインを試飲できます。

 

 

いいですか?1,100円で200種類の飲み比べですよ???

1種類あたり100ccずつ飲んだとして、200種類で10000・・・

いやいや、こんな貧乏くさい計算はやめておきましょうw

 

とにかく、かなりの酒豪でも飲みきれないほどの多種類のワインが

1,100円で試飲できてしまう、この太っ腹加減。

 

東京に住んでた時からここの大ファンで、毎年秋に1度は通ってました。

新宿からも特急乗っちゃえば一本。1時間半で着くしね♡

 

 

で、北杜市民になってからは、高速使えば車で1時間弱!

さらに身近になって、気楽に行ける場所になって嬉しい〜♡

今年も新酒の試飲目的で、行ってきましたよ!

 

あ、ちなみに、ウチはパパが完全な下戸で、お酒を一切飲めない体質。

車で行くとなると、どちらもワイン好きだとどっちかが我慢して

運転しなきゃなりませんが、我が家の場合、そんな心配は皆無。

 

今日は完全に私のためだけに、ムスメとパパに同伴してもらいました^^

 

ここまでのドライブも紅葉色づく山々が綺麗で、見とれているウチにあっというまに到着!

 

 

近くの干し柿が鮮やかでした!

 

 

さて。ぶどうの丘の建物で、入って左手奥にあるレジで

「ワインの試飲をしたいんですけど」と言って、試飲代1,100円を支払うと

「タートヴァン」と呼ばれる、取っ手付きの金属皿を渡されます。

 

ソムリエがワインを試飲するための道具のようです。

コレ、見た目より結構容量あります。

調子に乗って試飲してると、気付いたら酔い潰れてるかもしれないのでご注意を。

ちなみに、私は去年は帰り道の記憶がありません(笑)

 

レジ右奥が、ワイイカーヴの入り口。

階段になってます。

 

 

 

階段を降りると・・・選んだワインを入れるためのカゴが。

 

 

6本入ります。

1階の売店でもワインは買えますが、ちょっと探しづらいので、

気に入ったワインは地下でこのカゴに入れて持って行くと後で探す手間が省けます。

 

 

皇室の方々も訪れたらしい、由緒正しい(?)ワインカーヴでございまする。

 

 

試飲用のタートヴァンの解説がありました。

 

 

おっきいワインラック。何本入るんだろう。

いいなあ、ほしいなあ・・・(どこに置くんだ、オイ)

 

 

そして、その奥がいよいよ試飲コーナー!

こちらが赤ワインで、

 

 

ワイン棚を挟んで隣が、白ワイン。

 

 

と、ここまで書いてきて、前置きだけでずいぶんスペース使っちゃったのでw

続きは別記事に書いていきます。

 

今回、ワインの写真も大量に撮ってきたので、ワイン好きの方はお楽しみに!