読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南アルプスの少女

東京都新宿区から山梨北杜市へ移住しました!移住を決めてから、土地選び〜中古マンション売却〜注文住宅を建てるまで、わずか10ヶ月のスピード移住!

【中古マンション売却】内覧の極意 ② スリッパはたくさん用意しよう!

中古マンション 内覧の極意⭐︎ マンション売却ウラ話 中古マンション売却

 

haidimama.hateblo.jp

 2つめは「内覧前に用意するスリッパの数」について。

 

 

スリッパは多めに用意しよう!

 

 

f:id:haidimama:20151118104810j:plain

 

 

 

内覧に来る人の数は、実際その日時になってみないと

わからないことがほとんでです。


なんでかというと、不動産屋サイドから

「◯人で伺います」と事前に知らされていても
実際にはそれより数人多かった

ってことがよくあったから (。-_-。)・・・・

 

ええと、たとえばね。

 

まず、不動産屋の担当者が1人
内覧希望者が2人だったとして、


「よし、今日は3人来るんだな」


と思ってて。

時間になて、いざインターホンが鳴って出てみたら、
ドアの前に5人立ってたりしました。

コレ、意外と焦ります(^^;;


幸い、うちのマンションの仲介をしてくれたD不動産の人は、
常に自前の折りたたみスリッパを用意してて、
うちのスリッパが足りない日は、それを出して履いてました。

 

多分、他の不動産屋で会っても、

自分のぶんのスリッパくらい用意するのが普通?

なのかもしれないから、
不動産屋の分はホントは考えなくてもいいのかもしれないけど。

 

内覧に来たお客さんを部屋別に案内したり、
物件のメリットを話してくれたりするのは担当者。

 

で、いざ部屋に上がろうとして、不動産屋の担当者の

スリッパがなくて、折りたたみスリッパを広げて履いてる間、

やっぱり1、2分くらいの間ができますよね。


その間、自分たちでお客さんを案内することになるので、
やっぱり私らは素人なので

うまく話ができなかったり、

なんとなく変な間があったりして


・・・気まずいことがありました。

 

 

なので、スリッパはぜひ多めに用意して

内覧予定時間前にズラリと並べておきましょう!

イメージとしては、「住宅展示場の玄関先」です。

 

ちなみに、我が家は6組用意しましたが、
それでも足りないこともありました (>_<)

 

で、どんなスリッパを用意するか、っていうと、

「数百円程度の、安価なものでも充分」だと思います^^


ただ、あんまり安っぽいのにしちゃうと、

いかにも「間に合わせ」感が出ちゃうのと、
「内覧歓迎ムード」の演出がしづらいと思います。

 

もし引っ越したあと、新居での来客用にスリッパを買うつもりなら
いずれ使う予定があるなら無駄にならないので、
ある程度値段がはってもオシャレなものを

数を揃えて買ってしまうのも手かな、と思います。


ちなみに、我が家は新居のイメージに合わせて
コレを色違いで2組ずつ、あわせて6組揃えました。

 

 

 

 

スリッパがちょっと上質なだけで、
玄関からちょっと高級感が出るので、

演出としてもオススメです^^