読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南アルプスの少女

東京都新宿区から山梨北杜市へ移住しました!移住を決めてから、土地選び〜中古マンション売却〜注文住宅を建てるまで、わずか10ヶ月のスピード移住!

中古物件のデメリット

山梨県北杜市で中古物件探し 山梨県北杜市で土地探し

 

中古物件のメリット - 南アルプスの少女

 

 

前回の続きで、中古物件のデメリットについて

自分なりに考えてみました。

 

 

間取りや外観を自由にできない

-------------------------------------------------------------------------------------------

 

この地域であれば、

土地付きで2000万円前後くらいあれば、

築年数10年以内の物件もありました。

それならリフォームもさほどせずに、すぐに住めそう^^

 

しかし!

それは間取りや外観をそのまま使う」って前提です。

当然、自分のライフスタイルにピッタリあう物件なんて

そうそうゴロゴロしてるはずもなく、

 

東京都心みたいに山ほど物件がある地域ならともかく

山梨の山奥となると、かなり限られてます。

 

外観も、住み心地に直結するであろう間取りも、

コダワリ派(ワガママとも言う)

の私たちには妥協できるはずもなく、

となるとやっぱり新築しかないのか・・・??

 

 

 

 

 立地を選べない

------------------------------------------------------------------------

 

我が家の場合、住みたい地域が具体的にあって

その地域限定で、しかも移住のきっかけになった

「南アルプス・甲斐駒ヶ岳が見える場所」

ここもはずせない条件です。

 

「家の状態がよくて」

「南アルプスや甲斐駒ケ岳の眺望がバツグン」

「しかも白州町白須というエリア内限定」

 

なんてワガママをかなえてくれる物件

当然ながらありませんでした。。

 

 

 

断熱材がもうダメかも??

----------------------------------------------------------------------------------------

これは某ハウスメーカーさんに聞いた話。

 

「家の断熱性能はかなり進化していて、築10年の物件ですら、

今現在の技術から見るとかなり遅れている。

 

更に、それ以前の物件となると、

壁の中の断熱材(グラスウールなど)が、

湿気を吸って縮んでしまって、

全く機能していないことが多い

 

とのこと。

 

移住先は、雪は少ないものの、

一応寒冷地

避暑地だけあって、セカンドハウスもたくさんある。

でも、我が家は永住するつもりなのです。

 

定住するからには、

 

「夏は涼しいけど、冬は寒くて住めたもんじゃない」

 

ようじゃ困るんです。

 

-----------------------------------------------------------------------------------------

 

 

ダンナ様と相談した結果、

 

「長年マンション暮らしの我々には、寒冷地で永住するには

冬の寒さ対策が最重要項目

 

冬の暖房、断熱や気密性能をかなり重要視しないと

快適には暮らせないよね

 

ってことで、

目当ての土地での中古物件では、

メリットよりデメリットが大きいと判断になりました。

 

 

よって、ここから急きょ、

 

「土地を探して新築しよう!」

 

という方向性に変更しました!(切り替えるの早っ!)