読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南アルプスの少女

東京都新宿区から山梨北杜市へ移住しました!移住を決めてから、土地選び〜中古マンション売却〜注文住宅を建てるまで、わずか10ヶ月のスピード移住!

【HMさがしの旅】アサカワホーム③ 試練の打ち合わせ

HMさがしの旅 注文住宅を建てよう! アサカワホーム(現 オープンハウスアーキテクツ)

アサカワが提案してきた、初回のプランは散々な結果でした。

 

haidimama.hateblo.jp

 が、社長のツルの一声?で、

予算もプランも私たちの理想に近づける、というお達しが出たため、

プランを練り直してもらい、私たちがチェック!

修正箇所を伝え、再度プランを練ってもらう・・・

という、怒涛の打ち合わせ月間が始まりました。

 

だいたい週に1度、新宿から都下の営業所に通い、

打ち合わせには毎回、2、3時間かかります。

 

それで、だんだんと理想の家のプランが見えてきていたら、

時間も労力も「かけた甲斐があった!」と思えるんだけどね・・・


なんていうか、私たちの担当だった設計士さんがですね・・・


察しが悪い!

提案力がまるでない!


例えば、私たちが

「ここはもっとこうしたい」

と言うでしょ?


で、その通りに設計図を書き直してくれるなら、まだいいんだけど。

もしくはプロならではの視点で、
「じゃあ、こういうのはどうでしょう?」
って、それを上回るナイスなアドバイスがもらえたらいいなあ、

なんて期待も少しくらい、あるよね?


修正した設計図が、前より少しでも改善されてれば、

まだ少しは希望もわいたんだろうけど、
毎回、ほぼ改悪!(これ、ホントの話)

 

打ち合わせのたびに、ガッカリさせられちゃうの。


プランの練り直しのための打ち合わせ、確か4、5回はアサカワに通ったと思うけど、
回を重ねるごとに、だんだんウンザリしてきました。

 

一生に1度、あるかないかの家づくり。

もっとずっと楽しくて、ワクワクする作業だと思ってたのに、
なんでこんなに楽しくないの?

 

予算がないから?

工期がタイトだから?


でも、なんか違う気がする・・

 

そんな思いを抱えたまま、打ち合わせを続けるしかない日々に

私たち夫婦の家づくり熱は、冷めつつありました・・・。

 

しょんぼりしつつも、次回へつづく ↓

 

haidimama.hateblo.jp