読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南アルプスの少女

東京都新宿区から山梨北杜市へ移住しました!移住を決めてから、土地選び〜中古マンション売却〜注文住宅を建てるまで、わずか10ヶ月のスピード移住!

【HMさがしの旅】アサカワホーム② 初回プランは散々な結果

 

haidimama.hateblo.jp

 

1週間後、見積もりが出たという連絡をもらいまして。

アサカワに2度目の打ち合わせに行くことになりました。

HMとプランの打ち合わせなんて・・・

家づくりも、いよいよ現実味を帯びてきたわねえ、実感。

 

「どんなプランを提案してもらえるのかしら?」

「予算内で理想の家が建てられるのかな・・・?」

 

期待と不安に胸を膨らませつつも、

今度は家族3人で、ワクワクしながら打ち合わせに向かいました。

 

その日は設計士と、支店長との打ち合わせ。

まずは設計図と、建築費用の総額や内訳を見せてもらうことに。

 

まず最初に、金額を見て、愕然・・・
なんと、当初の予算の1500万円オーバー!(◎_◎;)

ほぼぢゃん・・・

 

いきなり、予算不足の洗礼を受け、ショックを受けました・・・

「ちょっと高すぎるでしょ?!」

「おたく、ローコストHMじゃなかったっけ??

この金額だったら、中堅のHMでも家建てられるけど??」

 

それだけ高額になってしまった理由、解説してもらいました。

要約すると、

 

「HM、特にローコストHMはイレギュラーなことが苦手。

同じスタイルの家をたくさん建築することで、コストダウンを保っている」

既存の商品(プラン)のまま建てられれば、そのままの金額。

でもオプションが増えれば、その分どんどんコストも上がってしまう。」

 

ってことらしいです。

 

ちなみに、アサカワの場合。

角が1つ増えるたびに約50万円(!)ずつ値上がりするらしいです。


我が家の求めているプランは、キューブを3つずらして並べた家。

f:id:haidimama:20160927114201p:plain

角だらけ(笑)

「角が増えるたびに50万円」と考えたら、

そりゃあまあ、コスパ悪いことこの上ないデザインだったという

ワケでございます(泣)


・・・それなら、どんなデザインなら、予算内で建てられるの?

って話になり、今度は予算重視しつつ、我が家の希望プランの条件も

できるだけ取り入れてもらいながら、再度プランを練って、

設計図を書いてもらうことにしました。

 

また、約1週間後。

できたプランを見せてもらい、ふたたび愕然としました・・・

真四角!ただの箱!
そうとしか思えない、超つまんない家。

 

「いくら予算少なめとはいえ、これはないんじゃない??」

「こんな家、建てる意味がない!」

 

何一つ、我が家の理想の家の条件を満たしてるようには見えない設計図。

少なくとも、このHMでは私たちが満足できる家づくりは無理みたい。

残念だけど、アサカワさんとのお付き合いはここで終わりにして、

他のHMをあたろう。

パパも私も、そんな脳内会議を繰り広げていたところ・・・

 

全館空調をイチオシしている社長が、相当ワンマン系らしく、

前回のランチミーティングでも、我が家の立地や、移住の話に興味を持ったのか、

パパのキャラ??を気に入ったのか。

 

haidimama.hateblo.jp

 

 

この仕事は絶対ウチで受けるぞ!みたいな方向性になってるらしく。

 

うちの家に関しては、

「ぜひとも引き受けたいから、プランの要望も予算も、希望に近づけるようにしろ!」
ってお達しが出てる、とのこと。

 

まあ、それならば、可能な限り頑張ってもらいますか、ということになり、

もう少し、アサカワとのお付き合いを続けることにしました。


ここから、設計士や支店長と、打ち合わせを重ねる、

試練の日々(?)が始まりました・・・。